ERP(Enterprise Resource Planning)とは、「統合基幹業務システム」や「統合業務パッケージ」と呼ばれています。企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念、およびこれを実現するITシステムやソフトウェアのこと。

弊社は基幹業務を網羅したモジュール構成と豊富なテンプレートにより、短期間で効率的なERP導入を実現します。豊富なERPの導入経験と開発経験により高品質なシステム稼動を達成します。

弊社のERP設計・開発チームは、長年の日系基幹システム構築実績を基づいて、プロジェクト全般、同業や関連業界システム構築経験を有する業務SEの知識及び、製品が保有する卸売業務のベストプラクティスの業務シナリオを提供することにより、貴社の業務の標準化・IT化を強力に支援します。

実績

A社総合燃料販売基幹業務システム
・グループ会社の業務処理統制規準の統一
・連結決算業務の効率向上、内部統制対応
・与信限度額の申請・決裁、取引制御
・リアルタイム性の高い経営情報の提供
B社エネルギー製品販売基幹業務システム
・現場入力から会計処理までの連携によるの統合ワンシステムの実現
・予測計算シミュレーション、予測ログの出力
・ハンディー端末のデータ入力、基幹システムとの連携
・情報分析・経営分析システムの連携
C社自動車生産・販売基幹業務システム
・生産プロセス定着、材料・部品(セット品)の在庫管理・使用量の予測
・契約〜受注・発注〜売上仕入計上まで一貫性のあるプロセスの確立
・販売プロセスの見える化、内部統制対応
・生産・販売実績と財務の連携、財務諸表の出力