複合機は従来のコピー機の枠を超え、デジタル化を果たした後は、コピーのみならず、スキャナ・プリンタ・FAXを融合した多用途の機器となっています。デジタル化の当初から、組込みソフトウェア開発によりこの多用途化に対応してきました。複合機内部の、まさに複合した複雑な制御を担当し、高速化や、高度な複合機能を実現しています。

モーターとセンサーを数多く持ち、動作タイミングなどに非常に微妙な制御を必要とします。これをマルチタスクで実行し、高速性を犠牲にしないようにしながら確実な制御を実現しています。

各種アプリケーションとの連携において、多種多様なプログラムの開発と他社ソフトとの連携が必要になりますが、これを統一感を損なわず、大規模なサーバー開発からクライアントの構成まで、一貫して対応しています。

実績

デジタルモノクロ複合機シリーズの開発
エンジン制御部、画像処理部、ダイアグ機能、スキャン制御部、UI部、PCI/F部