コードレス電話とは、固定電話回線などに接続された親機と子機との間を無線通信で結ぶ電話機およびそのシステムです。原則として、電話回線に接続された親機を加入者が設置し、その親機が設置された宅内あるいは構内とその近傍でのみ通話可能です。

電波受発信専用の親機を電話回線と接続することで、子機同様に本体もワイヤレス通信が可能に。受話器を持たなくても本体でハンズフリー通話ができ、インテリアや生活スタイルに合せてお気に入りの場所に設置することができます。

弊社のコードレス電話の組み込み事業の強みは、長年にわたり蓄積した制御方式、規格、製品仕様のノウハウ、そして多岐の分野にわたるメーカー様とお取引きの中で育んだ“ものづくりマインド”。コンシューマ・メーカー・技術者の3者の視点に立ち、先進技術を駆使した製品づくりを行なうとともに、メーカー様の製品戦略の提案と実現に貢献しています。開発プロセスの新しい手法や品質・信頼性の向上に向けた提案、技術領域や事業領域を融合させた新たなビジネスの創出をめざしています。 お客様のビジネスに貢献する高品質なシステムの開発。より豊かな暮らしを実現する高い技術。エンベデッド事業は、革新のスピードを加速させながら、さらに前進し続けます。

DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)は、ETSI (欧州電気通信標準化機構)が策定した世界で広く利用されているデジタルコードレス電話の通信方式です。日本ではこのDECT方式を参考に、1.9GHz帯を使用するデジタルコードレス電話の新方式として、2010年10月に総務省にて正式に制度改正が行われました。

実績

事業所用デジタルコードレス電話システム対応
デジタルコードレス電話機が通話中に接続しているPHS接続装置を自動的に切り替える機能です。PHS接続装置の切り替えをスムーズに行うことができる高速ハンドオーバー*4に対応しているため、移動中でも音声が途切れにくい安定した通話が可能です。