WSST JAPANは「提案力と実行力のあるベストパートナー」として、システム開発・保守・運用、金融業務パッケージ、クラウドサービス、金融システム基盤技術、データセンター、コンタクトセンター、ビッグデータなど最新のテーマや技術に対応したITサービスをWSST JAPANの総合力で提供し、金融機関のIT投資による戦略を実現します。

また、事務の効率化・ITコストの低減を目的としたBPO、システム保守・運用コストの削減などにも、お客様と一体となって取り組ませていただいています。 そして、金融機関に求められている「安心・安全」の実現のために、災害・BCP対策、セキュリティ対策について、不正検知システムやWSST JAPANのデータセンターの活用などのソリューションを提供します。

ソフトウェア製品は目に見え難いため、その"良し悪し"つまり品質が解りにくい特徴にあります。WSST JAPANでは、一貫した品質維持体制のもと、各工程毎のソフトウェア品質を定量的分析する事により「ソフトウェア品質の可視化」を実践し、ソリューション品質の向上に取り組んで参ります。

金融ビジネスにおいては、多様化、高度化、ボーダレス化への対応力、市場環境の変化への即応力が求められており、ITはスピーディーな金融機関の経営を実現する戦略の核をなしています。WSST JAPANは、お客様と共に、銀行・信託、生損保、証券、リース、クレジットなどの金融機関のシステム開発・保守・運用に携わり、金融業務をよく知る、高度な金融システム開発力を保有するプロ集団として、長年の信頼をいただいています。

実績

COBOL、TP1で開発したLinuxサーバ稼動の大型証券システム
このプロジェクトは日本のある大手証券会社が長年にわたって使っているシステムを全面的にバージョンアップする開発のコアDB部分を再構築するのです。